顔に汗!ホットフラッシュに悩む友人がいます

ホットフラッシュはのぼせやほてりのことですよね。ホットフラッシュといえば、更年期障害の代表的な症状の一つだと思っています。私はまだ更年期障害の症状に悩まされたことがありませんが、私よりも年上の友人から更年期障害のホットフラッシュが辛いと言われたことがあるんです。

一緒にいる時に顔に汗をかいていました。そして「急に熱くなってイライラする」と言っていたので、更年期障害ってすごく大変だなぁと思いました。私もいつかホットフラッシュに悩まされる時が来るのかなと思うと、すごく不安ですね。

その友人は首にウェットテッシュを当てていました。風通しの良い服を着ているんだと言っていました。色々と対策はあるようなので安心しました。また、友人が漢方などを飲んでいるようです。漢方なら飲んでも副作用がなくて安心できると言っていました。漢方を飲むことで少しホットフラッシュが改善されてきていると話していました。私も漢方に頼るつもりです。あわせて読むとおすすめ⇒ホットフラッシュに効くサプリ

Categories: Uncategorized

低身長では可愛いスカートも長すぎみっともない

中学校に入学した頃から身長が低くて悩んでいました。友人達が成長期で膝が痛い、背が1年で10センチも伸びたと話しているのに、自分は小学校5年生から2、3センチしか伸びていませんでした。もちろん成長痛とは無縁です。背の順でも前から2番目でした。両親共に背が低く、この先背が伸びるとはとても思えませんでした。中学生になり可愛い服を着たいと思ってもスカートの裾が長くて似合わないことが多く、どうして私の背は伸びてくれないのかずっと悩みました。

背を高くするためにはカルシウムだ、と思い煮干しを食べたり牛乳をたくさん飲んだりしました。またジャンプするといいと聞いたので、毎日縄跳びを15分ほどしていました。正座は背が低くなると聞いたので、法事等どうしてもの場合を除いて極力しないようにしました。更に背が実際に20センチほど高くなった先輩に話を聞き、それを実行しました。具体的には中学校から家への帰り道を走り、赤信号になると学校まで戻るを繰り返しました。そして家に着いたら牛乳を1リットル飲み干しました。こちらもおすすめ⇒身長が伸びるサプリ高校生

Categories: Uncategorized

糖質制限への価値観は十人十色

糖質制限をすると痩せる。びっくりするくらい痩せるが、私にとってはストレスしかなかった。食べるものが制限される。流行りの糖質ダイエットは「意外と食べられるものがあり結構満腹になる」と言われるが、実際は違った。友人との食事は双方気の使いあいだ。友人ならまだいい。会社の懇親会的な飲み会など、参加出来るものじゃない。会の空気を考えて過ごせば終わった後罪悪感でいっぱいだし、空気を読まずに過ごせば、社内での居場所を失う。食事は、人間関係を良好に築く上で重要だと痛感する。それだけじゃ無い。急な糖質制限はどうしたって慣れるまでに時間がかかる。その慣れは人によって違うしそもそもの食事への関心度合いによって、ストレスの度合いは大きな差が出る。はっきり言って、食事が好きで、友人との食事や飲みに行く時間が何より好きな私には地獄でしかなかった。これがもともと食への興味が薄く、友人とも趣味のスポーツなどで繋がっていたなら別だろうが・・・。糖質制限は、痩せる。ただ、その間の地獄でしかない日々を思うと向き不向きはあると思う。購入はこちら>>>>>糖の吸収を抑えるサプリ

Categories: Uncategorized

スマホ老眼、一時的なものだからといって放って置いてはダメ!

一般的な老眼は、 40代半ば位から現れてきます。これは加齢とともに目のピント調整が難しくなり、近くのものが見えにくいと言う現象です。しかしスマホ老眼は、近距離のスマホを長時間見ることで、近くのピントがあった状態から戻りにくくなり、ふと遠くを見つめると、ぼやけて見えると言う現象です。パソコンやテレビなどでも同じ現象が起こり得ますが、スマホは画面が小さいため、文字も小さく、スマホ老眼が起こりやすく悪化しやすいと言われています。また、いつもスマホを携帯している為、電車の中やちょっとした時間に、スマホの画面を見る習慣がついてしまい、スマホを持たない時代より、近距離にピントを合わせる時間が増えています。スマホ老眼は、一時的にピントが合わないと言う症状ですが、ピントが合わない状況が繰り返されると、慢性化し、ピント調整が効かなくなってしまい、近くの物も見えにくいと言う、老眼の症状が出てくることもあるようです。また目に、大きな負担をかけているので、本当の老眼症状が始まるのも、早まる可能性もあるようです。常にピントが合わないと思ったら眼科受診した方が良いと思われ、できるだけスマホの使用時間を決めておくことが予防策だと考えます。よく読まれてるサイト:スマホ サプリ

Categories: Uncategorized